Search
  • noburinomori

いじめっ子から自分を守る最強のお守り


いじめはいろんな要因が絡み合って起こりますので

これさえあれば大丈夫!という絶対的な対策は

ないと思います。


誰でもいじめられる可能性がある、

ということを前提に考えますと、

子どもを守る最強のお守りは

「自分は自分でOK」と思えること、

ではないでしょうか。


「いじめ」というとインパクトが強くて

親としてはあまり考えたくありませんが、

「これって、いじめの始まり?」と思えるような

嫌がらせや悪口は、よくあります。


そういうときに、

「自分は自分でOK!」というお守りがあれば

子どもは聞き流すことができるかもしれません。


本当は傷ついていても

とりあえずその場では平気なふりをし、

家に帰ってから気持ちを吐き出すことで

乗り越える子もいるでしょう。

「おかーさんに聞いてもらったら大丈夫!」

この一文が、子どもを守る魔法の言葉と

なればいいなと思います。


この言葉が子どもの心に定着するためには、

家が安心できる場でなければなりません。


日頃から

子どもの話を聞く習慣をつけて、


「嫌なことがあった!

→家でおかーさんに聞いてもらう!」


という思考回路を

作ってあげてほしいと思います。


「親にしっかり話を聞いてもらった」経験は、

そのまま「自分は大切な人間なんだ」

の経験になります。


それが、いじめをスルーする

しなやかさを作っていくでしょう。


(もちろん、しなやかな心・強い心ができたからといって、

嫌なことがゼロになることはありません。

嫌なことがあっても、うまくかわしたりして

対応できるようになる心が、現実的に必要です)






12 views

Recent Posts

See All

「神経質な子ね」「愛想悪いよ」

*いじめをする子は自己肯定感が低いと言われています。自己肯定感が健全に育てば誰かをいじめたいと思わないのでは?と考え、そのために必要だと思うことを書いています。 言葉の力は、強力です。 子どもの性格を 決めつけるような言い方には 注意が必要です。 親から、たとえば 「女の子なんだから もうちょっと愛想よくなりなさい」とか 「あんたは神経質」と 言われていたら、 子どもは 「自分は愛想が悪いんだ」

ブログを始めます

こちらのHPにブログページを作りました。 ふだん書いているアメブロから、 「いじめの加害者(と被害者)を作らない子育て」に 関わる記事を選んで こちらにアップしていきますね。 よろしくお願いします。

Copyright © NoBuli's Forest ~ノブリの森~ All rights reserved.

  • Wix Facebook page